董氏楊氏奇穴治療とは

 

「董氏楊氏奇穴は、中国の漢の時代から施術されながら董家のみで口伝されてきたため、世間で知られていませんがとても優れた施術法です。奇穴と呼ばれる740余の独自のツボや経絡同士の関係を利用する“遠隔施術”が最大の特徴です。」 

 

鍼は従来通りなら患部を刺激しますが、董氏楊氏奇穴鍼では、患部から離れたポイントを刺激するので、鍼を刺した状態で患部を動かしながら痛みの度合いや鍼の効果を確認できます。

 

また、痛みや麻痺などで体を動かせず患部が出せない場合でも鍼で施術ができます。「鍼は怖いとおっしゃられる方も多いですが、その施術効果をぜひ体感してください。

 

当院では、董氏楊氏奇穴治療を取り入れることで治療の内容が変わりました。それは、服を脱いで患部を出す必要がない、寝たきりで患部をだせない方でも治療ができます。また、服も基本的には肘、膝まであげることでそのまま治療ができます。また、それ以外にも効果のあるツボがあり、必要の際にはお着替えをお願いすることがあります。